ゴルフ

ゴルフラウンド中にスイング修正はしない!【調子が悪いならスタンス、振り幅を変える!】

ラウンド中に調子が悪いと思ったら?

ラウンドが始まると今日は調子悪いな~という日ありますよね?ではどうしたらいいのでしょうか?考えていきたいと思います。

f:id:mu-sansan:20200126105307j:plain

調子が悪くてもラウンド中にスイング修正はしない!

細かいスイング修正はしないでください!

single-player.info

例えば。。

手の角度が悪い、インパクト時の腰の角度、

細かい部分になればなるほど修正が難しいです。

特に教え魔の同伴者が言ってくることがありますが絶対に無視です!

上司のアドバイスなどでむげにできない場合もあると思います。その場合は直さずに直したフリをしましょう笑

「こうですか?」「ありがとうございます!」としれっと聞いておいて、実際のスイングでは無視です笑

石川遼アメリカでラウンドしていた際に他国の選手から

「リョウ。スイング修正は練習場でするものであって、コースでするものではないよ」

と言われたこともあるそうです。

調子が悪い場合はどうするか?

かと言って、何か対応はしたいですよね?もし変えるなら大きな変化です。

スタンスをクローズやオープンに変える

スライスがひどいようならクローズスタンスに、フックがひどいようならオープンに。対症療法を試みましょう。

スイングをコンパクトに修正、ハーフスイングもあり

スイングの大きさをコンパクトにして、方向性重視のショットにしましょう。コースで張り切ってしまって大振りになっていることはよくあります。

その場合は距離がワンクラブぐらい落ちますので、番手を調整してください。

スタンスの方向を見直してみる

実はスタンスが目的の方向を向いていない可能性があります。詳細は下記を参照してみて下さい。

www.mu-sansan.com

何もしない

身もふたもないと思われるかもしれませんがこれもありです。下手に修正を加えるより感覚が戻るのを我慢のゴルフで待つという選択肢もありです。

ゴルフは18ホールの中で調子が上下しやすいスポーツです。前半絶好調だったのに、後半大崩れってよくありませんか?逆もしかりです。

まとめ

普段の練習で調子が悪いときの対応を練習しておくことが最重要です。

クローズ、オープン、ハーフショット、これらの練習を普段やっておけば、調子が悪い時の選択肢となります。もちろんこれらの練習は自分の基礎力向上につながります。

練習の時点からラウンドは始まっています。入念な準備をして臨みましょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
だんでぃー

だんでぃー

アラフォー 薬学部、大学院卒業。薬学修士。薬剤師。 某大手製薬会社に勤務。 TOEIC900点を12年かけて取得。 英検準1級 ゴルフJGA/USGAハンデ10.4 日本ディープラーニング協会G検定合格

-ゴルフ

Copyright© だんでぃーの副業らいふ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.