ゴルフ

雨の日はラウンド行く前から勝負は始まっている【入念な準備がスコアを改善する】

雨の日のラウンドでは入念な準備が好スコアにつながる

雨の日のゴルフはスコアが悪くなりませんか?プロでも実際コンディションの影響は出てきます。

しかし、事前準備をすることで少しでも快適なラウンド、好スコアにつながります。必要な準備について説明していきます。

f:id:mu-sansan:20200114193438j:plain

雨の日に起こること

まずは雨の日のラウンドの傾向についてお話します。

飛距離が落ちる

3つの理由で飛距離が落ちます。

・レインウェアが引き起こす動きにくさによるスイングスピードの低下

・雨がボールに当たり叩き落される

・地面がぬかるんでランがでなくなる

雨の強さや気温にもよりますが、1クラブ分は落ちる印象です。ドライバーはもっと深刻で20ヤードダウンもよくあります。

ダフリやすくなる

地面がぬかるむことにより、ダフリにシビアになります。少し下に入るだけで平気でダフるようになります。

またバンカーショットがいつもより重くなります。

グリーンが重くなり伸びなくなる

いつもより重くなりますので、パターを強めに打つ必要があります。

体が冷えて集中力が低下する

スイングスピードにも影響しますが、特に冬場は集中力が低下します。ある意味修行僧です。

雨の日に向けて対策すること

では何を準備すべきでしょうか。

レインウェアに防水スプレーをする

ゴルフバッグに入れっぱなしになりがちなレインウェア。最後に防水スプレーしたのはいつでしょうか?

しみ込んでくるレインウェアは逆に邪魔でしかありません。ぜひ雨のラウンドが見込まれた時点で防水スプレーをしましょう。

着替え、替えのグローブを用意する。

普段グローブは1枚だけという人も多いと思います。雨の日は最低3枚は持っておくと便利です。

3ホールごとに変えて、昼休憩で乾かして、また3ホールごとに使用する。

濡れたグローブはすべりますし、何より気持ち悪いです。乾いたグローブにするだけで気持ち良くラウンドできます。

また、強い雨の時は昼休憩で着替えるのも手です。

帽子はサンバイザーではなくキャップ

自分普段サンバイザーなのですが、何も考えずに行くと髪の毛がびしょ濡れになります。当たり前ですね。

キャップを持っていくことで、頭を保護できますのでそれだけで体感がかなり違います。これも替えがあればなお良しです。

カジュアルウォーターのルールを確認する

カジュアルウォーター(水たまり)が出来た場合の対応について確認しておきましょう。

スルーザグリーン(グリーン以外)ではカジュアルウォーターからボールを拾い上げて、ボールを拭いた上でドロップできます。

バンカー内の場合はバンカー内にドロップが可能です。詳しくはこちらを参照ください。

golfee.jp

まとめ

雨の場合は普段より準備が重要になります。ぜひ数日前には天気を注視して、早めに準備をして行きましょう!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
だんでぃー

だんでぃー

アラフォー 薬学部、大学院卒業。薬学修士。薬剤師。 某大手製薬会社に勤務。 TOEIC900点を12年かけて取得。 英検準1級 ゴルフJGA/USGAハンデ10.4 日本ディープラーニング協会G検定合格

-ゴルフ

Copyright© だんでぃーの副業らいふ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.