45歳に向けた独立、脱サラ

年収1000万円超えの生活【税金の影響で手取りが少なくそれほど金持ち感はない】

f:id:mu-sansan:20200104223036j:plain

 

いずれは副業での脱サラ、ノマド生活を目指しているのですが、現在は会社勤めしています。

 

会社員の収入と言えば年収1000万が一つの目安ですが、実際手取りはどの程度なのか?税金はいくらなのか?どんな生活なのか?紹介していきたいと思います。

 

✓本記事で分かること

・年収1000万の手取り

・年収1000万の生活の実際

 

 

年収が1,166万円でもそれほど金持ち感はない

保険料と税金で25%持っていかれ、手取りは870万円

 

下記が収入と各種税金、手取りを示しています。

 

2019年の年収は1162万円でした。これと50万円の住民税を払っています。

 

今年は残業が比較的多かったのでその分年収が増えました。

 

f:id:mu-sansan:20200104201718j:plain

 

手取り額は

1,166万円 - 129万円(社会保険) - 116万(源泉税)- 50万円(住民税) = 870万円

 

 

税金を自分で計算してみる

所得額は計算上およそ115万円で実際の金額とほぼ整合

 

計算方法はこちらを参照させていただきました。

venture-finance.jp

 

まず控除額を計算します。

基礎控除38万円、給与所得控除220万円、社会保険控除129万円

1166万円(給与)ー 387万円(控除額合計) = 779万円(給与所得)

 

この給与所得から下記表を参考に所得税額を求めます。

779 万円(給与所得)× 23% ー 63万円(控除額) = およそ115万円

 

 

こちらも参照させていただきました。

www.eurekapu.com

少し計算上の違いがありますが、ほぼ計算通りです。

もし間違いあればぜひご指摘下さい。

 

住民税は給与所得のおよそ10%

 

住民税については自治体によって規定が若干異なりますし、ふるさと納税制度の影響も受けるため細かくは計算しません。

 

およそ、控除後の給与所得の10%と思っておけばよさそうです。

 

生活は昔から変わってはいない

 

金遣いについては新卒で入ってからそれほど変わっていないように思います。

 

金銭感覚の例として

6000円の飲み会だと高いと感じますし、

5000円の飲み会だと普通

4000円だと少し安いかな?ぐらいです。

 

 

家は東京近郊の賃貸マンション(社宅扱いで自己負担4万円ほど)、車はフツーの国産車です。

お盆と年末年始に国内旅行もしくは帰省するぐらいです。海外旅行は滅多にしません。

 

 

ゴルフに月2回行けるのは贅沢か

 

ゴルフに1回行くと15,000円はかかるので、これを月2回行っているのはある意味金持ちの行動なのかもしれませんね。

 

貯金は年間500万ほど

 

老後の蓄えとして、年間500万ほど貯金しています。

 

いまアラフォーなのでこのまま数年働いて、2000万前後の蓄えはしておきたいと思っています。

 

まとめ

 

給与所得者の内で1,000万円を超えるのはおよそ5%ほどというデータもありますが、決して裕福な生活を出来るわけではないです。

https://career-picks.com/average-salary/nensyu-isenman-wariai/

 

一般的な生活をする分には特にお金に困ることはなさそうですが、高級車を買おうとは思えません。

 

ある程度の収入がある今の内に副業での所得を確保して、副業生活を目指していきたいと思います。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
だんでぃー

だんでぃー

アラフォー 薬学部、大学院卒業。薬学修士。薬剤師。 某大手製薬会社に勤務。 TOEIC900点を12年かけて取得。 英検準1級 ゴルフJGA/USGAハンデ10.4 日本ディープラーニング協会G検定合格

-45歳に向けた独立、脱サラ

Copyright© だんでぃーの副業らいふ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.