ゴルフ

ゴルフ100を切るために必要なスキル【スーパーショットは必要ない!】

ゴルフにおける一つの目標である100を切るためにはどのようなスキルが必要でしょうか。

ドライバーが250飛んだり、ロングパットがスコスコ入ったりする必要はありません。当たり前のことを当たり前にできれば100は確実に切れます!

f:id:mu-sansan:20191231211605j:plain

100を切るためにスーパーショットは必要ない!

100を切るスコアとは

99でまわると仮定すると27オーバーまでとなります。18ホールありますので、9ホールがボギー、9ホールがダブルボギーまで許容です。と聞くとかなり余裕があるように思えませんか?

ボギーオン率は50%あれば十分

ボギーオン時のパットを2パットと仮定した場合、ボギーオン率が50%と仮定すると18ホール×50%=9ホールがボギーオン、残りがダブルボギーオンとしてきっちり27オーバーになります。

パット数は2パットの36が基本。

上記の想定は基本的に2パットですが、ボギーオンはパーオンと違って50ヤード以内の短いアプローチも多くあるためパットが短くなる傾向になります。そう考えるとパーオン時の2パットよりは断然やさしくなります。

OBは3発ぐらいは打っても問題なし

ダブルボギーが9ホールで許されますので、OBを極端に怖がる必要はありません。OBを3発打ちそれらがトリプルボギーだとしても、ダブルボギーを6つから3つに減らせば吸収できます。

平均飛距離が150ヤードもあれば十分

150ヤード平均で打てれば、350ヤードのPAR4でも150, 150, 50で届きます。500ヤードのPAR5でも150, 150, 150, 50で届きます。

この平均飛距離は打数で割っています。例えばOB後で300ヤード飛ばしても、3打かかりますので平均飛距離は100ヤードです。

ある程度のOBは許容されると言えますが、飛距離が出なくても確実なクラブを使うことが近道です。

 まとめ

このように考えると100を切るということはかなり余裕があります。パーオンを狙わなくてもボギーオンができれば十分に目標に到達することができます。大事なのは危険を冒さないマネジメントです。

100を切るかどうかのレベルで特に重要なのはアプローチとパッティングです。上級者よりアプローチの機会が多くなりますので、よりアプローチの技術がスコアに直結します。

100を切れなくて悩んでいる方は、無理をしないマネジメントと打ちっぱなしでのアプローチ練習を心がけてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
だんでぃー

だんでぃー

アラフォー 薬学部、大学院卒業。薬学修士。薬剤師。 某大手製薬会社に勤務。 TOEIC900点を12年かけて取得。 英検準1級 ゴルフJGA/USGAハンデ10.4 日本ディープラーニング協会G検定合格

-ゴルフ

Copyright© だんでぃーの副業らいふ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.