AI,プログラミング

誰でも簡単にAIで機械学習ができる時代に【Prediction oneでゴルフスコアを予想する方法】

自分だけのAIを作ったことはありますか?プログラミングができないから無理?そんなことはありません。誰でも簡単に機械学習ができるソフトが無料配布されています。説明会にも行ってみたので、試しに使ってみました。

 

f:id:mu-sansan:20191216204038j:plain

 

 Prediction oneとは?

 

ソニーが提供している無料の機械学習ソフトです。

predictionone.sony.biz

本来機械学習は専門知識、プログラミングスキルが必要で一般人が触るには敷居が高すぎる領域です。それを誰でも簡単に機械学習をするようにしたのがこのソフトです。

使い方は簡単で自分が持っているデータをソフトに読み込ませるだけです。とりあえず、自分のゴルフスコアのデータで機械学習を行ってみました。

 

まずデータを準備する

まず読み込ませるデータを準備します。今回は自分のゴルフスコアを使ってみます。

 

このデータを使って各数値がどの程度スコアに寄与しているのかを検証します。

待つこと1分ほど

 

f:id:mu-sansan:20191216201544j:plain

学習が始まりますが、G検定で見た単語が出てきます。交差検証、勾配ブースティング、ニューラルネットワーク。。勉強した単語が出てくると嬉しいですね。説明会で聞いた話では、入力したデータの中で自動で交差検証を行い、ベストな訓練データと検証データの組み合わせを考えてくれるそうです。

 

気になる結果は

f:id:mu-sansan:20191216203048j:plain
上に行くほどスコアへの影響度が大きいことになります。パーオン率、ボギーオン以上率、パット数が大きく影響していることが分かります。

 

モデルを使ってスコアをシュミレーション

パーオン率、パット数などいろいろ数字を変えてみてこのモデルを使って70台が出せる条件を探ってみました。

f:id:mu-sansan:20191216204551j:plain

結果から、パット数が30, パーオン率が60%あれば70台に行きそうです。実際の数字よりは少し厳しいかもしれません。詳しくは過去記事参照してみて下さい。

オススメ
ゴルフでスコア70台でまわるために必要なスキル【特別なスキルは必要ない!】

続きを見る

 

まとめ

実際に自分のデータを使って機械学習が簡単にできる時代が来たことに驚きです。

 

ただ、おそらくこのようなソフトが出てきてAIが一般化するだろうとは思っていました。

 

パソコンも昔はプログラミングが出来ないと使えない時代がありましたが、Windowsの登場とともに、画像で分かりやすく扱えるようになり、爆発的に広まりました。

 

近い将来自分で調整したAIとともに生活するような時代が来るかもしれません。

 

AIの基本的な知識を勉強できるG検定の合格体験記はこちら!

合わせて読みたい

 

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
だんでぃー

だんでぃー

アラフォー 薬学部、大学院卒業。薬学修士。薬剤師。 某大手製薬会社に勤務。 TOEIC900点を12年かけて取得。 英検準1級 ゴルフJGA/USGAハンデ10.4 日本ディープラーニング協会G検定合格

-AI,プログラミング

Copyright© だんでぃーの副業らいふ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.