ゴルフ 未分類

ティーショットにはドライバーかそれ以外か

ティーショットをドライバーを使うか、それ以外のスプーン、クリークなどを使うのがいいのかは永遠のテーマです。自分の2019年のデータを提示しますので、ティーショットに使うクラブに悩む方の参考になれば幸いです。

 

ドライバー(1w)

OB率3.5%, フェアウェイキープ48%, トラブル発生率20%(199打中)

トラブル発生率(横に出すだけなど明らかに1打失う確率、OBも含む)

スプーン(3w)

OB率16.7%, フェアウェイキープ44%, トラブル発生率28%(18打中)

クリーク(5w)

OB率3.1%, フェアウェイキープ58%, トラブル発生率22%(97打中)

7w

OB率0%, フェアウェイキープ63%, トラブル発生率11%(19打中)

分析

主にはドライバー以外ではクリークを使う機会が多いのですが、意外にOB率とトラブル率が変わらない、フェアウェイキープが少し高いくらいです。またスプーンと7wの試行回数が少ないためなんとも言えませんが、7wの数字が優秀です。

 

以上から自分の場合は基本はドライバーで8割は問題ないが、2割はトラブル覚悟。確実性が必要であればクリークもしくは7wまで落とすという選択肢もありかもしれません。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
だんでぃー

だんでぃー

アラフォー 薬学部、大学院卒業。薬学修士。薬剤師。 某大手製薬会社に勤務。 TOEIC900点を12年かけて取得。 英検準1級 ゴルフJGA/USGAハンデ10.4 日本ディープラーニング協会G検定合格

-ゴルフ, 未分類

Copyright© だんでぃーの副業らいふ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.